飲食店

飲食店は休みがない理由4選【休みを取るために今すぐにできること】

飲食店は休みがない理由

飲食店って休みないのかな?
どうやったら休みは増えるのかな?
困った店長

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 飲食店は休みがない理由4選
  • 飲食店は休みがなくても問題ないの?
  • 飲食店で休みを取るために今すぐにできること
  • 休みが取れる飲食店を探す方法

この記事の信頼性

この記事を書いているぼくは飲食店の経験が15年あります。
これまでのぼくの経験を交えて解説します。

 

この記事では飲食店の休みについて解説します。

 

飲食店はブラックだから休みがないと思うかもですが、休みを取れる方法はあります。

 

休みを取るために今すぐにできることもありますので試してみましょう。

 

この記事はサクッと3分で読むことができます。



飲食店は休みがない理由4選

飲食店は休みがない理由

飲食店はブラックだから休みはないと言われます。

 

実際には月にどのくらいの休みがあるのでしょうか?

飲食店で働く人の休日日数
出典 飲食店.COMより

 

週に1回しか休みがないのが40%ですね。やっぱり飲食店は休みが少ないですね。

 

飲食店は休みがない理由4選は下記です。

飲食店は休みがない理由4選

  1. 人手不足
  2. 応募が来ない
  3. すぐに退職する
  4. お店自体の休みがない

ひとつずつ解説しますね。

1.人手不足

飲食店は人手不足なので休みが取れないです。

飲食店は人手不足
出典 帝国データバンクより

 

飲食店ではアルバイトが84.1%、正社員が65.9%不足しています。

 

人手不足で営業自体が大変なのに休みなんて取れないということですね。

 

2.応募が来ない

飲食店は休みがない理由は飲食店には応募が来ないからです。


応募が来ないので経営者のみなさんも困ってますね。

 

応募が来ない理由は下記です。

飲食店に応募が来ない理由

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 長時間労働
  • 立ち仕事

条件面では飲食店は他の業種よりキツいので応募が来ませんね。

 

飲食店が大変な理由は下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。

≫ 飲食店の仕事が大変な理由15選【大変な職場をさける方法も解説】

 

3.すぐに退職する

休みが取れない理由は従業員が早期に退職してしまうからです。

飲食店の離職率
出典 外食・中食産業における働き方の現状と課題について(農林水産省 食料産業局)より

 

飲食店の離職率は高いですね。

 

社員だけではなくアルバイトも早期に退職します。

 

アルバイトがすぐにやめてしまう理由は下記です。

アルバイトの主な退職理由

  • 仕事量が違う
  • 説明と仕事内容が違う
  • 仕事量が多い
  • 職場の雰囲気が悪い

やめる理由は面接のときに説明した内容と実際に働いたときのギャップが大きいからです。

 

アルバイトがやめてしまう理由については下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。

≫ 飲食店アルバイトの採用ノウハウ教えます 面接のポイント5選を解説

 

4.お店自体の休みがない

飲食店は休みがない理由はお店自体の休みがないからです。

 

たとえば毎週月曜日がお店の定休日なら毎週月曜日は休めますよね。平日にもう1日休みが取れれば週2回は休めます。

 

とはいえ飲食店の多くはお店自体の定休日はありませんよね。

 

お店の定休日がないので休みが取れないですね。

 

飲食店は休みがなくても問題ないの?

飲食店は休みがなくても問題ないの?

飲食店は休みが少ないけど他業種はどうなんでしょう。

飲食店は休みがない
出典 dodaより

 

1番年間休日が多い自動車メーカーは135日で飲食店(外食/レストラン)は96日とかなり差がありますね。

 

こんなに差があるなんて問題なんじゃと思うかもです。

 

でも悲しいことに問題ではないのです。

 

労働基準法では週に1回休みがあればOK

労働基準法では休みは原則として週に1回与えればいいことになっています。

 

また4週間で4回の休みがあればOKということもありますので最大24連勤も許されるということですね。

 

週休2日と完全週休2日の違い

週休2日の応募見て応募したのに2日も休みがないこともあるかもです。

 

ダマされたのでしょうか?

 

残念ながらこれも違法ではありません。

 

週休2日制とは週に2日休みの日が月に1回あればいいことになっているのです。


飲食店で休みを取るために今すぐにできること

飲食店で休みを取るためにできること

飲食店で休みを取るためにできることはあります。

 

その方法は下記です。

飲食店で休みを取るために今すぐにできること

  • 人手不足を解消させる
  • 紹介してもらう
  • 続けてもらう仕組みを作る

今できることもありますので、できることをやっていきましょう。

 

それでは解説しますね。

人手不足を解消させる

人手不足を解消させて休みを取りましょう。

 

人手不足の解消法は下記です。

飲食店の人手不足の解消法

  • 労働環境を整える
  • 職場環境を整える
  • 福利厚生の充実
  • 営業時間の短縮
  • ITを使い効率化
  • 紹介制度
  • 求人広告を利用
  • 外国人採用
  • 短期募集
  • シニア層の活用
  • テイクアウトやデリバリー

あなただけでは解決できないこともあるかもですが、まずはできることから始めてみましょう。

 

行動しないと人手不足は解消できませんよね。

 

人手不足の解決策については下記の記事でくわしく解説していますので参考にどうぞ。

≫ 飲食店の人手不足の原因と今すぐできる解決策4選を元店長が解説

 

紹介してもらう

飲食店で休みを取る方法は紹介してもらって従業員を採用することです。

 

従業員が増えれば休めますよね。

 

紹介してもらうためには今働いている従業員があなたのお店に満足していることが大切です。

 

イヤイヤ働いていたら紹介なんてしませんよね。まずはしっかり従業員とコミュニケーションを取ることが大切ですよ。

 

続けてもらう仕組みを作る

飲食店で休むを取る方法は続けてもらう仕組みを作ることです。

 

すぐにやめられては休めないですよね。

 

続けてもらう仕組みとは下記です。

続けてもらう仕組み

  • 初期教育
  • 巻き込む

 

初期教育

続けてもらうには初期教育が大切です。

初期教育の内容

  • お店の受け入れ体制
  • オリエンテーション
  • マニュアルを使った教育

大変かもですが、最初は手をかけることです。

 

フジユウ
がんばって教えるからついてきてね

 

こんな感じで手をかけないとがんばって働こうなんて思わないですよ。

 

従業員の初期教育については下記の記事でくわしく解説していますので参考にどうぞ。

≫ 飲食店のアルバイトが辞めない! お店でできる教育方法はコレ

 

巻き込む

続けてもらうには巻き込みましょう。

 

巻き込むとは従業員に役割を持ってもらうことです。

  1. 朝礼(終礼)で今月の目標や個人の課題を共有
  2. 個別でミーティングをして進捗を確認
  3. 朝礼(終礼)で進捗を共有

たとえばA君の課題が電話対応を覚えることとします。先輩のBさんの役割はA君の電話指導をすること。

 

A君の役割は電話を覚えることでBさんの役割はA君に電話を教えること。こんな感じでそれぞれにお店での役割を持ってもらうのです。

 

小さなことかもですが、ただなんとなくバイトをしているよりはっきりとやることがわかっているとアルバイトのモチベーションは違います。

 

役割を持ってもらうと自分の居場所ができるのでやめなくなりますよ。

 

休みが取れる飲食店を探す方法

飲食店で休みが取れる職場を探す方法

飲食店でも休みが取れる職場はあります。

 

休みが取れる飲食店は下記です。

休みが取れる飲食店

  • 完全週休2日のお店
  • オフィス街のお店
  • 社員食堂

完全週休2日のお店

休みを取るには完全週休2日のお店に就職しましょう。

 

完全週休2日ならしっかり休めますよね。

 

オフィス街・社員食堂

オフィス街や社員食堂へ就職しましょう。

 

オフィス街や社員食堂の会社ならそもそも土日はお客さんがいないので休めますね。

 

まずは動きましょう

今の職場で休みが取れないなら転職もありです。

 

休みが取れる飲食店を探すなら転職エージェントへ登録しましょう。

≫ 飲食店から異業種へ移るための転職サイト・転職エージェント3選

 

転職エージェントは無料で登録できますのでまずは動きましょう。動かないと何も変わりませんからね。

 

今回は以上です。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フジユウ

トヨタディーラー営業職→飲食店勤務15年。宅配寿司で新規客数が日本一に→マンション管理会社勤務。いろんな業種を経験してきました。サラリーマンをしながら、今までの経験を発信しています。

-飲食店

© 2021 fujiyublog All Rights Reserved.