飲食店

飲食店でムカつく客の特徴13選【今すぐできる対応策も解説】

飲食店でのムカつく客

飲食店でムカつく客の特徴ってなんだろう
ムカつく客への対策を知りたいな
困った店長

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 飲食店の従業員もムカつくことはあります
  • 飲食店でムカつく客の特徴13選
  • 飲食店でムカつく客への今すぐできる対応策
  • 飲食店でムカつく客へは接客向上がカギ

この記事の信頼性

この記事を書いていいるぼくは飲食店の経験が15年あります。
これまでのぼくの経験を交えて解説します。

 

この記事では飲食店でムカつく客の特徴13選について解説します。

 

ムカつく客への今すぐできる対応策も解説します。

 

もうムカつく客がきても大丈夫ですね。

 

この記事はサクッと3分で読むことができます。



飲食店の従業員もムカつくことはあります

飲食店の従業員もムカつくことはあります

飲食店の従業員も普通の人間です。

お客さんにムカつくこともあります。

 

それでは飲食店でムカつく客の特徴を紹介していきますね。

 

飲食店でムカつく客の特徴13選

飲食店のムカつく客

飲食店でムカつく客の特徴13選は下記です。

飲食店でムカつく客の特徴13選

  1. 上から目線
  2. 食器を割る
  3. うんちくが長い
  4. 食べ方がきたない
  5. 注文間違いを他人のせいにする
  6. 吐く
  7. テーブルに置いてある備品を持って帰る
  8. 呼び出しボタンを持って帰る
  9. 突然歌い出す
  10. 水しか頼まない
  11. 長居する
  12. 閉店しても居座る
  13. 勝手に座る

ひとつずつ解説しますね。

1.上から目線

お店に入ってメニューを注文するときから会計を済ませるまで最後まで上から目線で話してくるお客さんもいます。

 

かなりムカつきますね。

 

とはいえ「俺は客だぞ! 金払ってるんだ!」という気持ちもわからないでもないですが、気持ちよく接客してもらうためにはマナーは大切ですね。

 

2.食器を割る

お店で使用している食器やコップなどは落としたら割れてしまうのは当然ですよね。

 

ついうっかり食器を割ってしまうことは誰でもやらかしてしまうことですし、お店側もまったく気にしません。むしろお客さんがケガをしていないか心配しますよね。

 

とはいえ一度割っても全然気をつけず何度も何度も食器やコップを落としては割るお客さんにはムカつきますね。

 

3.うんちくが長い

いっしょに来店した異性にアピールしたいのか、従業員を捕まえて料理のうんちくを話すお客さんがいます。

 

従業員の立場上、お客さんに「今忙しいんで……」などと断ることはあまりできません。とりあえず話だけは聞くのですがこういうお客さんは話が長いです。

 

飲食店の従業員は仕事がたくさんあるので困りますね。

 

4.食べ方がきたない

子どもや年配の方が食べ物をこぼすことはままあるのですが、そうではないのに必要以上にテーブルを汚すお客さんがいます。

 

スマホを見ながら食事をしていると食べこぼしたりということがあります。食べきれなかったものを何故かテーブルの裏や端っこに隠しているお客さんもいます。

 

テーブルを片付けているときに隠していた食べ物を見つけて「マジか」と声を上げてしまうこともあります。

 

5.注文間違いを他人のせいにする

従業員がやらかしがちなミスと言えば注文されたメニューを間違えてしまうこと。ところが間違いなくお客さんが注文したメニューを持って行ったのに「これ頼んだメニューと違うんだけど」とクレームを言って取り替えさせるお客さんがいます。

 

こうなってしまっては作り直すしかありません。これはムカつきますよね。

 

6.吐く

居酒屋やバーなどではお客さんがたくさんお酒を飲むので明らかに飲みすぎでぐったりするお客さんも出てきます。

 

トイレで迷惑をかけずに吐く分には何も問題はないのですが吐いたあとの処理はかなり大変ですし、ニオイもかなり残ってしまいますね。

 

ちゃんとして欲しいものです。

 

7.テーブルに置いてある備品を持って帰る

テーブルの上に用意されている砂糖とかミルクを全部持って帰るお客さんがいます。

 

自由に使っていいものではありますが、さすがにテーブルの片付けをするときに砂糖とミルクがすっからかんになっていると困ります。

 

ファミレスではドリンクバーに置かれた紅茶パックなどもごっそりと持ち帰るお客さんもいますよ。

 

8.呼び出しボタンを持って帰る

ファミレスや居酒屋などのテーブルに置かれている従業員を呼び出すボタン。なんとこちらを持ち帰るお客さんもいます。

 

これは持ち帰るというよりも立派な窃盗行為です。困ったもんです。

 

9.突然歌い出す

こんなお客さんもいます。突然歌い出す人。

 

60~70代のお客さん8人が昭和の歌を歌い出ししかも涙を流し始めました。その歌は軍歌のようであり山登りの歌のようであり、感極まって涙を流してました。最初は一人が突然歌い出し数秒してまた一人そしてまた一人と歌い出し最後には大合唱。

 

なんにしても大声を出されると困りますよね。

 

10.水しか頼まない

もちろん純粋に水だけということではありません。

 

最初にソフトドリンクを一杯頼んであとは延々と水をお替わり。みたいなことは多くのお店ですでにごく日常的な光景です。まさに飲食店における「水問題」です。

 

11.長居する

ドリンク1杯で6〜8時間くらい滞在していたお客さんもいます。

 

よほど混雑していない限り退店をお願いするのは難しいです。

 

営業時間内であれば「お客さんは好きなだけお店に居られる」というのももはや飲食店では当たり前となってしまいました。かなり混雑してきたら退店をお願いすることになりますがけっこう辛いものですよ。

 

12.閉店しても居座る

閉店時間を過ぎても居座られても困ります。

 

閉店時間ギリギリに入店して閉店時間を過ぎても気にしないお客さん。

 

仕方ないので退店をお願いするしかないですね。

 

13.勝手に座る

勝手気ままに店内に入ってきて空いている席に座っているお客さん。

 

入店してきたお客さんを席に誘導したら、なぜかお客さんがすでに座っている。その堂々とメニューを眺めている姿に心穏やかとはいかないですよ。


飲食店でムカつく客への今すぐできる対応策

飲食店でムカつく客への対応策

飲食店でムカつく客への今すぐできる対応策は下記です。

飲食店でムカつく客への今すぐできる対応策

  • 周りのお客さんに聞こえないように伝える
  • お願いする
  • 理由をいっしょに伝える
  • ヒドいときは毅然とした態度で

周りのお客さんに聞こえないように伝える

お客さんへ対応するときは小声で伝えましょう。

 

周りに聞かれるとお客さんが気分を害しますからね。

 

退店をお願いしたことで恥をかかせてしまったり、その後の居心地が悪くなってしまわないようにお客さんへの配慮が大切ですよ。

 

お願いする

お客さんへ対応するときは依頼系で伝えましょう。

 

退店してくださいとかやめてくださいと「直接的」に伝えるとお客さんが気分を害しますからね。

 

退店していただけないでしょうかとかやめていただけませんかと「依頼系」で柔らかく伝えることでお客さんも対応しやすいですよね。

 

直接的に言われるのはお客さんにとって気分があまり良くないうえに、脳科学的にも効果的ではないといわれています。

 

「やめてください」ではなく「やめていただけませんか」という風にお願いする言い方をしましょう。

 

理由をいっしょに伝える

お客さんへ対応するときは理由をいっしょに伝えましょう。

 

やめていただけませんかとだけ伝えるだけではお客さんが納得してくれないかもです。

 

お客さんが納得できる理由もいっしょに伝えることでやめてもらいやすくなりますよ。

 

たとえばこんな理由をいっしょに伝えましょう。

 

「ほかのお客さまのご迷惑になりますので」とか「満席なので食事を終えられた方は席ゆずっていただけますか」などです。

 

理由をいっしょに伝えることでお客さんに聞き入れてもらいやすくなりますよ。

 

ヒドいときは毅然とした態度で

ていねいに対応してもダメなら毅然として対応しましょう。

 

あなたのお店にはあなたのお店のルールがあります。お客さんとはいえルールに従ってもらうことは大切ですよ。

 

もちろん言い方には気をつけましょうね。言い方ひとつで伝わるものが伝わらなくなりますからね。

 

飲食店でムカつく客への対策は接客向上がカギ

飲食店でのムカつく客への対応は接客向上がカギ

飲食店に限らずサービス業をしているとムカつく客に当たります。

 

毎回ムカつく客とトラブっていたらあなたのお店は立ち行かなくなります。

 

上手く対応できるようにアルバイトへは接客を指導していきましょう。

 

接客を指導するときのポイントは下記です。

接客指導のポイント

  • 接客の心構えを教える
  • 接客マニュアルを使って指導する
  • 店長が1番接客が上手いこと
  • ベテランアルバイトに指導を任せる

接客の心構えを教える

「接客は大切なんだよ」とアルバイトに伝えましょう。

 

あなたがマジで伝えてください。熱がないとアルバイトには伝わりませんからね。

 

最初をおろそかにすると、アルバイトも接客が大切なんて思わないのでお客さんが満足できる接客はできないですよ。

 

接客マニュアルを使って指導する

マニュアルを使えば効率よく指導をすることができます。

 

マニュアルは正しい接客を覚えるものですからね。

 

マニュアルを使って指導すると、とりあえずお客さんを怒らせることが減りますよ。

 

 

店長が1番接客が上手いこと

あなたが一番接客ができる人になりましょう。

 

教える側が接客が下手だったらアルバイトは気持ちの良い接客をしようなんて思わないですよ。

 

ベテランアルバイトに指導を任せる

ベテランアルバイトに新人アルバイトの指導をお願いしよう。

 

1から10まであなた1人がやるのはなかなか大変ですからね。

 

アルバイトへの接客の指導手順については下記の記事でくわしく解説していますので参考にうどうぞ。

≫ 飲食店アルバイトに対する接客の指導法【4つの手順で解説します】

 

まとめ:飲食店のムカつく客は対応次第で減らせます

飲食店のムカつく客は対応次第で減らせます

今回は飲食店のムカつく客の特徴13選について解説しました。

 

飲食店のムカつく客の特徴13選は下記です。

飲食店でムカつく客の特徴13選

  1. 上から目線
  2. 食器を割る
  3. うんちくが長い
  4. 食べ方がきたない
  5. 注文間違いを他人のせいにする
  6. 吐く
  7. テーブルにある備品を持って帰る
  8. 呼び出しボタンを持って帰る
  9. 突然歌い出す
  10. 水しか頼まない
  11. 長居する
  12. 閉店しても居座る
  13. 勝手に座る

ムカつく客への対応は大変です。

 

とはいえサービス業ではどの業種にもそんなお客さんはいますからね。

 

あなたの対応次第でムカつく客は減っていきますよ。

 

接客の指導を続けていましょう。

 

今回は以上です。


-飲食店

© 2021 fujiyublog All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5