飲食店

飲食店の廃業率とつぶれないお店のひけつ3選を元飲食店の店長が解説

飲食店の廃業率と潰れないお店の理由

このままじゃ廃業だな

つぶれないお店のひけつを知りたいな

困った店長

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 飲食店の廃業率とその理由
  • つぶれないお店のひけつ3選

 

この記事の信頼性

この記事を書いているぼくは飲食店で15年間働いてきました。

お店が廃業になった経験があります。

これまでのぼくの経験をご紹介します。




飲食店の廃業率とその理由

飲食店の廃業率と廃業する理由

飲食店はどのくらいの期間で廃業しているのかみていきましょう。

飲食店の廃業率

飲食店の廃業率は高いです。
飲食店の廃業率
出典: 居抜き情報.COMより

  • 1年未満:38%前後
  • 2年まで:26%前後
  • 5年まで:14%前後

5年で約80%が廃業しています。

がんばって開店したのに5年で約8割が廃業するなんてきびしいですね。

ただ全ての飲食店が廃業しやすいわけではありません。

業態によって廃業率は違います。
業態別の廃業率
出典 飲食店.COMより

廃業しやすい業態はこちらです。

  • アジア料理
  • ラーメン
  • 中華
  • うどん・そば

ラーメンは「出店したい業態」としてトップ5に入る人気業態です。

開店するお店が多い分廃業するお店も多くなっています。

生き残りがきびしい業態ですね。

 

逆にあまり廃業していない業態は寿司とフランス料理です。

寿司とフランス料理では調理に専門技術が必要です。

専門技術が必要なので開店するにはハードルが高いです。

ハードルが高いので他の業態と比べ開店数は少なくなりますね。

開店数が少ないから競合が生まれないので廃業しにくくなっています。

 

飲食店では5年で約80%が廃業しています。

飲食店の廃業率は高いのか他の業種と比べてみましょう。

 

全業種別の廃業率

廃業率 ワースト5(2019年)

  1. 宿泊業・飲食サービス業:6.2%
  2. 生活関連サービス業・娯楽業:4.5%
  3. 小売業:4.4%
  4. 情報通信業:4.3%
  5. 学術研究・専門・技術サービス業:3.8%

出典 中小企業白書より

全14業種でのワースト5です。

こちらのデータは2019年に中小企業庁より出されたものです。

飲食サービス業の廃業率はトップですね。

 

なぜ飲食店の廃業が多いのでしょか?

その理由をこれから解説します。

 

飲食店が廃業する理由

飲食店が廃業する理由はこちらです。

  • 売上不振
  • 運転資金がない
  • 感覚で経営

売上不振

いつか売れるとがんばったが結局売れなかった。

開店したときは物めづらしさで来てくれたお客さんもリピートはしてくれない。

ぼくもこんなお店はよく見かけます。

 

運転資金がない

お店が軌道にのるまではきびしい営業が続きます。

営業を続けるために運転資金が必要です。

家賃、食材の仕入れやアルバイトの人件費などの運転資金が必要です。

運転資金がなくなると廃業です。

フジユウ
ぼくがつとめていたお店も運転資金が足りず廃業となりました。

思い出すだけでもイヤになります。

アルバイトへ伝えるときはツラかったですね。

 

感覚で経営

自分のお店を持つことが夢という方もいますよね。

飲食店での実務経験がなくてもお店を持つ方がいます。

お店の経営のやり方を知らなくて自分の感覚で経営すると失敗します。

 

お店の経営のやり方を知らないことが廃業の理由ですね。

ではつぶれないお店はどうしてなのかそのひけつをみていきましょう。


つぶれないお店のひけつ3選

潰れないお店の理由

つぶれないお店のひけつ3選はこちらです。

  1. 経営の経験がある
  2. 料理がおいしい
  3. 接客が良い

1.経営の経験がある

つぶれないお店のオーナーは飲食店の実務経験がある方です。

いわゆる「修行」をしたことがあるということです。

  • なんでここにお店を出したのか?
  • なんで内装や外観はこのようにしたのか?
  • なんで設備はこれにしたのか?
  • なんでこのメニューにしたのか?

修行をすればこんなことを学べるわけです。

他にもお店の数字についても学べます。

お店を続けるためには経営状態などを把握して黒字にすることが大切ですね。

お店を黒字にする方法についてくわしく知りたい方は下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。

≫ 【劇的!】赤字飲食店を黒字にできる方法3選を解説します

 

2.料理がおいしい

飲食店なので料理の出来不出来は大切です。

おいしい料理のお店には人が集まりますからね。

修行をすれば経営だけではなく料理も学べます。

 

3.接客が良い

飲食店にとって接客はめちゃくちゃ大切です。

なんなら料理よりも大切です。

お客さんは料理よりも気持ちの良い接客をもてめてお店に来るからです。


このツイートにあるように接客がいいお店をお客さんは選びますね。

ぼくが店長をしていたときも接客に力を入れていました。

接客を良くするためにはアルバイトを教育しなければなりません。

接客の指導についてくわしく知りたい方は下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。

≫ 飲食店アルバイトに対する接客の指導法【4つの手順で解説します】

 

まとめ: 廃業する理由とつぶれないお店のひけつ

飲食店の廃業率と潰れないお店の理由まとめ

今回は廃業するお店の理由とつばれないお店のひけつについて解説しました。

廃業するお店の理由

  • 売上不振
  • 運転資金がない
  • 感覚で経営

つぶれないお店のひけつ

  • 経営の経験がある
  • 料理がおいしい
  • 接客が良い

せっかくお店を持ったのに廃業すれば苦しいです。

廃業する前にこの記事をみてお役に立てれば幸いです。

今回は以上です。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フジユウ

トヨタディーラー営業職→飲食店勤務15年。宅配寿司で新規客数が日本一に→マンション管理会社勤務。いろんな業種を経験してきました。サラリーマンをしながら、今までの経験を発信しています。

-飲食店

© 2021 fujiyublog All Rights Reserved.