飲食店

【成果あり】飲食店のパートを採用する面接の質問6選

飲食店 パート 面接




困った店長

パートさんの面接来ないかな

いい人を見分ける方法ってあるのかな

 

本記事の内容

 

  • 飲食店のパートを採用する面接の質問6選
  • 面接でいい人材を見分ける方法

 

本記事の信頼性

 

この記事を書いている僕は飲食店の店長を15年間つとめてきました。

これまでの経験からパート採用の面接で使えるノウハウをご紹介します。

 

この記事では飲食店のパート採用の

面接での質問例、いい人材の見分け方について

ご紹介します。

 

この記事を読み終えると

パート採用の質問項目がわかり、いい人材が採用できますよ。




 

飲食店のパートを採用する面接の質問6選

飲食店 パート 面接

面接での質問項目 6選

  1.  面接前に感謝と自己紹介
  2.  これまでの経験
  3.  希望職種
  4.  希望シフト
  5.  希望給与
  6.  お店の説明

 

ひとつずつ解説しますね。

 

1. 面接前に感謝と自己紹介

 

面接を始める前にこちらから自己紹介しましょう。

こちらから話すことで相手も話しやすくなるので

面接がスムーズにいきますよ。

 

僕が面接をしていたときは

「今日はきてくれてありがとうございます。」

「店長の〇〇です、よろしくお願いします」

って言ってました。

 

こちらからあいさつすると雰囲気はよくなりますが

事務所が汚いのはNGですよ。

ちゃんと整理せいとんしてそうじもしてくださいね。

事務所が汚かったらパートさん来てくれませんよ。

 

ポイント

  • 服装
  • 髪型
  • メイク

 

これらも確認しましょう。

 

僕が面接をしていたときは

金髪、ネイルはNGでした。

金髪は直してもらうようお願いしてました。

直さないなら不採用です。

ネイルは仕事を始める前に取ってもらってました。

 

飲食店では身だしなみは大切です。

身だしなみができるパートさんを採用しましょう。

 

2. これまでの経験

 

パートさんは働いた経験がある方が多いので、

今までどんな仕事をされてきたのか

確認しましょう。

パートさんの採用はこれまでの経験が大切だからです。

 

僕が採用していたパートさんの経験歴は

  • 飲食業経験者
  • 接客業経験者

飲食業に活きる経験をされてきた方を採用してました

 

とはいえ全くの未経験からの応募があるかもしれませんが

包丁も持ったことがないような方は厳しいですよ。

パートさんは飲食業に活きる経験をされた方を採用しましょう。

 

3. 希望職種

 

希望職種を確認しましょう。

これまでの経験から希望の職種を選ぶ方が多いです。

経験したのでやりやすいからです。

例えば

今まで調理をしていたのでキッチンを希望とかですね。

 

とはいえ「希望職種はなんでもいい」とかなら

これまでの経験をふまえ

あなたといっしょに希望職種を決めましょう。

 

4. 希望シフト

 

希望シフトを確認しましょう。

パートさんにとっても

あなたにとっても

シフトはめちゃくちゃ大切です。

シフトはお金に直結するからです。

 

僕が面接をしていたときは

  • 平日の何曜日に勤務できるか
  • 何時から何時まで勤務できるか
  • 早出や残業ができるか
  • 子供を預けられるところはあるか

これらを確認してました。

 

平日の何曜日に勤務できるか

 

パートさんは平日のランチがメインです。

月曜日から金曜日まで

いつ出勤できるのか

週によっては変更があるかもしれません。

こまかく確認しましょう。

 

何時から何時まで勤務できるか

 

採用する側とすれば

開店時から学生がくる夕方まで

勤務してほしいですが

そうもいかないこともあります。

具体的に何時から何時まで

勤務できるのか

確認しましょう。

 

早出や残業ができるか

 

大口の予約があった場合に

早出や残業をお願いすることがあります。

そうした場合に対応してもらえるか

確認しましょう。

 

子供を預けられることろはあるか

 

働いている間

子供を預けられるところはあるか

確認しましょう。

 

「子供が熱を出したので休まてください」と

当日連絡が入り困った経験が僕は何度もあります。

こういうときのために

他のパートさんへ直接連絡してもらい

パートさん同士で交代してもらうよう

面接で説明しておくのが良いです。

 

パートさんを採用するときに

必ず抱える悩みです。

 

5. 希望給与

 

パートさんは生活がかかってます

希望給与があなたのお店で可能かどうか

はっきり答えてください

 

僕が面接をしていたときは

月5万円が希望なら

週に3回それぞれ5時間働けば

月5万円いきますよ

と話してました。

 

具体的にメージさせてあげると

パートさんもここで働くかどうか決めやすいですからね。

 

稼げるか稼げないかはっきり答えましょう。

採用したいからといってあいまいなまま採用しても

稼げないとわかるとすぐにやめますよ。

 

6. お店の説明

 

ひと通り質問を終えたら

お店について説明しましょう。

 

  • 具体的な仕事内容
  • ハウスルール(お店の決まりごと)
  • シフト提出の期限
  • 時給アップの仕組み

など

 

ここでのポイントは

ギャップをなくすことです。

特に仕事内容はしっかり伝えてください。

仕事を始めてから

「えっ、説明と違う」

なんてことはないようにしましょう。

 

ギャップがあると不信感につながります。

不信感がつのればお店の人間関係が悪くなるから気をつけましょう。

 

以上が面接での質問例でした。

ここからはいい人材の見分け方について解説しますね。

 

面接でいい人材を見分ける方法

飲食店 パート 面接

 

面接にきた人がいい人材が見分ける方法は簡単です。

あなたのお店で今がんばっている人と同じ人を採用すること

これだけです。

 

僕の経験でがんばってくれる人はこんな感じでした。

  • 遅刻しない
  • 率先して働く
  • 店長へ改善の提案する

 

面接でこれらの点を確認し

より多くの点が当てはまる人を採用してました。

がんばってくれる人が増えれば

お店の営業レベルが上がるので

売上が上がりますよ。

 

パートさんのいいところは

気に入ってくれると

知り合いを紹介してくれることです。

採用費をかけずに採用できるなんて

ありがたいですね。

 

まとめ

 

  • パートさん採用の面接質問 6選
  • 面接でいい人材を見分ける方法

 

以上を解説しました。

しっかりしたパートさんがいると安心感が出ます。

いいパートさんを採用しましょう。

関連記事飲食店アルバイトの採用ノウハウ教えます 面接のポイント5選を解説

関連記事飲食店のアルバイトが辞めない! お店でできる教育方法はコレ



-飲食店

© 2020 fujiyublog All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5