飲食店

飲食店アルバイトの採用ノウハウ教えます 面接のポイント5選を解説

今日のシフトもキツいなあ

なんでうちのバイトはすぐ辞めるのかな

人増えないかなあ

 

こんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

 

 

・飲食店アルバイトを採用してもすぐに辞める理由

・飲食店アルバイトの採用予定人数、求める人物像

・飲食店アルバイト採用のチェックポイント5選

 

 

本記事の信頼性

 

 

この記事を書いている僕は飲食店の店長を15年間つとめてきました。

これまでの経験をもとにアルバイトの採用ノウハウをご紹介します。

 

 

この記事では飲食店のアルバイトがすぐに辞める理由と採用ノウハウについて解説します。

 

この記事を読み終えると

飲食店アルバイトの採用ノウハウが理解でき

あなたのお店の人手不足が解消できますよ。

飲食店アルバイトを採用してもすぐに辞める理由

 

アルバイトがすぐに辞めるにはちゃんと理由があります。

理由はギャップです。

 

 

アルバイトの主な退職理由

・面接時の説明と仕事量が違う

・面接時の説明と仕事内容が違う

・入社前のイメージより仕事量が多い

・入社時のイメージより職場の雰囲気が悪い

 

 

「入社前」と「入社後」のギャップがすぐに辞める原因です。

面接の時はわかりやすく伝わるように話しましょう。

よいことばかりではなくイヤなことも伝えましょう。

 

「年末年始は一番忙しいから、大変だけど頑張ろうね。

みんなでいっしょにがんばれば、いい経験になるよ」

 

イヤなことを理解してもらった上で入社すれば少しでもギャップはなくなりますよね。

 

そうは言ってもイヤなことをいうと入社してくれない人が増える、と思うかもしれません。

そういう時はあなたのお店にご縁がなかったとあきらめましょう。

やる気がある人は必ずいます。

あなたは面接でギャップをなくすように伝えましょう。

 

飲食店アルバイトの採用予定人数、求める人物像

 

媒体に掲載する前に、アルバイトが何名足りないのか、

どういった人を採用するのか決めておきましょう。

当たり前ですが、採用にはお金がかかるので計画的に採用しましょう。

 

採用予定人数

今のシフトで足りないところはどこ?

平日ランチが足りないのか

週末のディナーが足りないのか

どの時間帯に何人足りないのか確認した上で採用しましょう。

 

求める人物像

今頑張っているアルバイトと同じように頑張ってくれる人を採用しましょう。

求める人物像はこれだけでOKです。

 

とはいえどんぴしゃな人が面接にこなかったら、どうするか

採用するか迷ったら採用しましょう。

注意

せっかく新人を採用しても主力のアルバイトが辞めては元も子もありません。

主力のアルバイトには新人の教育をしてもらので

しっかりコミュケーションを取って協力してもらえるようにしましょう。

 

飲食店アルバイト採用のチェックポイント5選

 

面接の確認項目例

・応募してくれたことに感謝

・希望シフト・給与

・志望動機、自己PR

・アルバイト経験歴

・あなたのお店について

 

 

1つずつ解説しますね。

 

応募してくれたことに感謝

 

まず来てくれたことに感謝することから面接を始めましょう。

第1印象はとても大切です。

ていねいな対応をしましょう。

 

希望シフト・給与

 

毎月いくら欲しいのか

毎週どれくらいシフトに入ることができるのか

しっかり確認しましょう。

 

飲食店は月によって売上の差があります。

GW、お盆、お正月は忙しいが、

売上があまりない月もあります。

毎月のお給料は月の売上に左右されることをしっかり伝えましょう。

シフトはお金に直結するので、あやふやな説明はやめましょう。

ギャップが生まれますよ。

 

志望動機、自己PR

 

なぜあなたのお店に応募してくれくれたのか聞いてみましょう。

自分のことを話してもらいましょう。

話している中で接客はできそうか、笑顔がどうか、やる気はあるか

いろいろわかりますからね。

もしめちゃくちゃ人見知りだったら、仕方ないので、あなたが質問しましょう。

 

アルバイト経験歴

 

アルバイトの経験があれば、今までどんなアルバイトをしてきたか聞いてみましょう。

アルバイト経験がなければ、なぜアルバイトをしたいのかを聞いてみましょう。

自分のことを話してもらいましょう。

話してもらうことで相手のことが理解できますからね。

 

あなたのお店について

 

ひと通り質問を終えたら、あなたのお店について説明しましょう。

これはめちゃくちゃ大切です。

しっかり説明しないと、採用したけどギャップがあって

すぐに辞めることになりますよ。

 

あなたのお店についての説明項目例

・仕事内容

・時給アップの仕組み

・勤務条件(例:土日は勤務してもらう)

・ハウスルール(お店のルール)説明

・テスト期間は休める等

 

説明したら、できるかどうか確認しましょう。

あなたが大切にしている項目がダメなら不採用です。

僕が面接をしていた時は、

例えば「週末入って欲しいのに、平日しか無理」なら

その場でお断りしていました。

 

人手が欲しくて面接しているのに、お断りするなんてと思うかもしれません。

でも必要ないなら採用しなくていいです。

採用したら、シフトに入れなければなりません。

人件費には上限があります。

長い目でみれば必要がある人だけ、

がんばってくれる人だけで営業していく方があなたは楽になります。

売上は上がっていきます。

あなたが必要と思う人だけ採用しましょう。

 

まとめ

 

 

・アルバイトがすぐに辞める理由

・採用人数と求める人物像を決める

・面接時の確認事項

1 感謝

2 給与

3 志望動機、自己PR

4 アルバイト経験歴

5 あなたのお店についての説明

 

 

ひとつずつやって行けば、人手不足は解消できます。

大変ですが、頑張りましょう。

 

今までの媒体でも応募がなければ、下記をお試しください。

お役に立てれば幸いです。

短期・単発バイトなら『ギガバイト』

単発バイトアプリ「シェアフル」

-飲食店

© 2020 fujiyublog All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5